2024年3月末から介護事業者向けに
BCP策定の義務化が課せられます

\ 2分でわかる!BCP策定のポイント /

介護事業用BCP策定のあれこれ

こんなお悩みありませんか?

何から取り組めばいいのかわからない
忙しくて策定に取り掛かれない
どこまで対応すべきかわからない
防災用品は何を揃えるべきかわからない

1から自社ですべて取り組むのは
非常にハードルが高いものです

介護事業用のBCP策定なら当サイトで!

BCP相談窓口の特長

介護事業所の
BCP策定に特化

介護業界のBCPに精通した専門スタッフが対応します。

業界最安値級
価格設定

ご相談・見積もりは完全無料。
BCP策定にかかる費用を抑えて対応可能です。

point03

当社で必要書類を
すべて用意

自然災害、感染症対策、事業継続力強化計画の申請書の3点をセットで作成いたします。

BCP策定から物品導入まで
ワンストップ対応

BCPの策定補助だけでなく、防災用品、感染対策用品の選定・見積もりまで対応可能です。

24年3月末までにBCP策定

煩雑なBCPの策定は
当社にお任せください!

無料で!

オンライン
相談受付中!

電話・メールで
お問合せいただけます

セミナー動画公開中!

介護サービスのBCPについて
詳しく知りたい方は
要チェック!

YouTubeチャンネルへ

よくあるご質問

施設が複数あるのですが、施設毎に作成しなければいけませんか?
施設毎に想定できるリスクが変わってくるため、施設毎に作成が必要です。その土地に応じた地震、水害、感染症に対しての対策を講じていく必要があります。
策定しなかった場合、罰則はありますか?
現状、厚生労働省から明確な罰則に関しての回答はありません。しかし、策定が義務化されているにも関わらず策定されておらず、有事の際に事故が起こった場合に、「安全配慮義務違反」とみなされる可能性があります。義務だから、ではなく利用者や従業員の命を守る意味でも策定は行ってください。
どこまで作れば完成ですか?
BCPは策定し、訓練等により実践し、改定を行う、といった流れで、より良いものにするために事業の実態に合わせながら改善し続けていくものです。BCPは「これで完璧」、というものはありません。繰り返し改善を行いながら、あらゆるリススクに対応できるように運用していきましょう。

介護事業のBCP対策
お気軽にご相談ください

相談無料

介護業界専門スタッフがサポート

BCP策定にお悩みの方
ご相談ください

相談無料

x