介護事業におけるBCP作成例を紹介!策定手順も解説

介護事業においてBCP策定が義務化になりました。しかし介護事業者の中には、どのようにしてBCPを作成すればいいのかわからない方も多いでしょう。

そこで、介護事業におけるBCPの作成例を紹介します。BCPを策定したいと考えている介護事業者は、ぜひ参考にしてください。

介護事業におけるBCPの作成例

介護事業における、BCPの作成例について紹介します。

基本方針

BCPでは、まず基本方針を設定します。介護事業者としての、災害対策に関する基本方針を、BCPに記載しましょう。

基本方針では、たとえば以下のような内容を記載します。

  1. 入所者・利用者の安全確保
  2. サービスの継続
  3. 職員の安全確保

まずは、このように簡単に基本方針を書くだけでも大丈夫です。

推進体制

次に、平時における災害対策の推進体制を記載します。一部門だけで作るのではなく、多くの部門が関与できるような推進体制を構築しましょう。

推進体制は、以下のように記載します。

役割役職氏名
責任者部長
介護担当介護主任
設備インフラ担当設備課長

このように、組織図と災害時の推進体制を照らし合わせながら進めるとスムーズです。

リスクの把握

次に、想定されるリスクを洗い出します。想定されるリスクを把握するには、事業所がある自治体のハザードマップを活用するのがおすすめです。BCP策定用のシートに、ハザードマップを貼り付けるだけでも大丈夫です。

なお、ハザードマップは見直しが行われるため、定期的にハザードマップを確認するようにしましょう。

BCP策定の具体的な手順

BCP策定の具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 基本方針を立案する
  2. 想定されるリスクを洗い出す
  3. 重要業務を特定する
  4. 業務継続に必要な項目と対応手順を整理する
  5. 定期的に見直す

具体的な手順を把握することで、より明確にBCPを策定することができます。

1.基本方針を立案する

事業継続計画で達成する価値や策定スケジュールを明確化

介護事業者は事業継続のために達成するべき目標や策定スケジュールを明確にして、基本方針を確立する必要があります。

BCP策定にともなう管理体制の整備や、優先的におこなうべき業務範囲など細かな基本方針について立案していきます。

2.想定されるリスクを洗い出す

想定される災害を見る

BCPでは職員の安全や企業資産の保全だけでなく、事業継続にスポットをあてたリスクヘッジも重要です。

自然災害やシステム障害、パンデミックなどさまざまな要因が考えられます。

それらのトラブルが発生した際のリスクを洗い出し、優先順位をつけていく作業も大切です。

3.重要業務を特定する

介護事業において、特に重要な業務を選定

介護事業においては重要業務の被害想定もポイントの1つです。

重要業務の復旧にどれくらいの時間がかかり、どの程度の被害が出るのか概算で把握することが重要です。

業務のなかでも特に重要な項目を選定し、出来る限り早期の業務復旧を目指します。

他にも、施設の設備や資源など重要だと思われる要素を特定するようにしましょう。

復旧にかかる日数をどれだけ短くできるかがカギとなります。

これらの作業によってシミュレーションを繰り返すことで、いざというときにスムーズに対応できます。

4.業務継続に必要な項目と対応手順を整理する

重要業務を継続するために必要な項目、手順を整理

業務継続のために必要な項目を洗い出して、対応手順を整理することも大切です。

おもな必要項目は以下の通りです。

  • 施設設備や人員等の被害想定
  • クライアントなどの外部の被害想定
  • 重要業務の復旧時間想定
  • 施設設備の復旧を前提とした重要業務の早期再開
  • BCP本部を設置して収集や分析・整理などの情報管理をおこなう
  • 資源や備蓄倉庫の管理徹底

あらかじめ必要項目について策定しておき、緊急時に対応できる体制を整えておきましょう。

5.定期的に見直す

経営層を交えて、定期的に見直すこと

BCPについては、定期的に見直しをする必要があります。

教育や訓練をおこなっていくなかで、問題点は必ず発生します。

書面上の簡単な修正だけでなく、経営レベルでの根本的な見直しが重要です。

通常時も問題が見つかればすぐに修正をして、評価をおこなっていきます。

完璧な策定を目指すのではなく、気づいたところから着手してシミュレーションをおこない改善を繰り返すことが、BCP策定のポイントです。

BCP作成支援ツールの利用もおすすめ

BCP作成支援ツールを利用することで、BCP策定が容易になるだけでなく、情報資産の防止と復元もおこなえます。

非常事態による障害発生時や災害発生時でも重要な組織データが保護され、復旧にかかる時間も短縮されるため、予算次第では活用を検討してみるとよいでしょう。

まとめ

介護事業者における、BCPの作成例について紹介しました。BCP策定というと難しく感じるかもしれませんが、厚労省のテンプレートを活用しながら進めると、簡単に進められます。

本記事を参考にしながら、ぜひBCPを策定してみてください。